6月7日

いちご組のかごめ、7月のイベントに向け配置と子供たちの動きを決めました。
元気よくドラえもんの演奏をして、かごめにGO!

いつも輪になって右へ1つ移動する間奏。
本番では別のカタチにで動きます。
小学生はすぐ覚えちゃいますが、幼稚園児の可愛いこと(*^。^*)
  あっ、動くんだったぁ
とチョコチョコっとニコニコ笑顔で移動する姿が何とも♡

今日は小学5年生の子が弟くんについて早く来てたので篠笛をお願い。
歌いながら練習もできました♪
みんなも歌いながら(まだまだ小さい声だけど)叩いてくれました~(^^)
どんどんボリュームアップしていきますよっ!



太陽組もソーラン節のパートを決めていきます。
組太鼓は3,4年生、やぐらは5,6年生。
男子と女子で先パートと後パートにわけ、どちらのパートも練習。
キーワードは先パート!
集中してないとウッカリ叩き逃し、アレっなる(笑)
組太鼓もやぐらもしっかり仕事をするのは〝女子〟ですねぇ。

中1男子たちは大太鼓とシメの両方を練習。
中2女子たちが本番に参加できるかまだ未定なので、どちらもマスターしてもらってます。
やんちゃっぷりは相変わらず・・・
ふざけながらの練習(しかも度が過ぎないように調節してるし。。。)に私もわざとメンチきって見てると、気づいてヤバ~って顔してます(笑)
わかってやってるので気にして私をチラチラ見るのね(*´з`)プッ
でも大太鼓の打ち出しは2人とも成長してきてますよ☆


篠笛は逢の練習中にみんなで練習してもらいました。
一列に並び全員で発表。
足の揃え方や、腕の位置の〝立ち方〟もみました。
息苦しくなりながらの演奏に不安な顔つきで絶望的な発言も・・・
音も出て、メロディーもキレイに流れてますが、動画をとって上手に吹けてることを見せてあげると安心するかな。


残り数分でしたがおいでんの曲打ちを中学生が練習して終了。
前半のソーラン節に時間を取りすぎたな。。。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あいづまっ鼓

Author:あいづまっ鼓
自動車の街、豊田市の
広久手町という小さな町の
和太鼓クラブです
30年近く活動してます

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
QRコード
QR