9月13日

人数が増えてますますパワーアップしたいちご組。
かごめが順調に進んでます。
間奏の移動の動きも慣れてきました。
今日はシメを2人で合わせてみました。
「出だしは声を掛け合って音を合わせるよ」と。
私は「さんはい!」みたいな簡単な言葉をうかべてたら、
「いっせぇーのぉーで!」
おっ。そーきたか。
うん。子供らしくていいね♬
何とも可愛かったのが演奏後の気をつけと礼の合図。
なかなか音がしないな?と思ったら2人で顔を見合わせ
タイミングを目でうなずいて取りながら
「せぇーの」〝トン〟。「せぇーの」〝トン〟。
お母さんたちもクスクスっ(´∀`*)
あっ、そこは一人ずつやろーね(笑)

太鼓の音もしっかり打てて響いてます。
ただリズムが細かくなるとテンポが速くなり、またゆっくりになり。。。
シメも合わせてしまいます。
DSC00160.jpg
笛とシメとよ~く聞きながら演奏しましょう。



太陽組は先週てこずったパートを練習。
やぐらは表と裏の場所を交代する動き。
大太鼓のソロのリズムに合わせ、みんなで同じ動きをする。
揃うとメチャメチャかっこいい!
ここで左足出して、ここで90℃回ってと細かく区切って繰り返し練習。
組太鼓はお休みの子もいましたが、まずは手拍子でテンポをとり練習。
曲では三味線が小刻みに音を鳴らすのでつられて速くリズムを刻んでしまいます。
今日はしっかり曲と合わせることができ思わずgoodサイン(^^)b
褒めまくりました!
DSC00162.jpg

篠笛の練習では5,6年生が頑張ってくれてます。
暗譜もだいぶでき、吹く時の姿勢もサマになってきました。
音も高音を出せる子もいて、4回の繰り返しまで吹けるように!


みこ舞の練習は舞の子が1人だったので、太鼓の練習のみ。
左手と右手の使い方がスムーズになり、リズムもつかめてきました。
ラストの部分があと一息(^^)


そして今日は片づけをする前にみんなに一言。
学年別に片づけるものを大まかに担当分け。
たまに手を抜く子もいるので。
そしてじゃれ合って遊んだりしないこと。
最近注意しても床でプロレスごっこ的なことが始まります。
重たい太鼓やシメ、大きいケガや事故にも繋がることを改めて説明しました。
そして大事に扱うことも。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あいづまっ鼓

Author:あいづまっ鼓
自動車の街、豊田市の
広久手町という小さな町の
和太鼓クラブです
30年近く活動してます

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
QRコード
QR