1月31日

大きな公演も無事終わり、今日からの練習はちょっと一息。
いちご組は初打ちのためにずーっと かごめの練習をしてて、毎回練習の最後に
「ドラえもんは~?ドラえもんやぁ~りぃ~たぁ~い~!」
の声に、ごめんねぇと謝ってきました。
初打ちが終わったらドラえもんやるからねの約束通り準備してると、
「やったぁ♫ 10回くらいやりたぁい🎶」

楽しそうに叩くのは、曲と合わせてるから?
ドラえもんが好きだから?
リズムに乗って体を揺らすから?
ジャンプしながら掛け声をするから?

1回目のあと、バチの伸ばし方など気をつけてほしいところを伝え
もう一回(^^♪

曲はフルバージョン、みんなはフルパワー&元気な掛け声。
3回連続はキツイし集中力もかけるので、次の準備をしていると、
「もーあきたぁ!つかれたぁ!」
って、10回やる~って勢いは(笑)(笑)(笑)可愛い(*^^*)

休憩がてら初打ちのビデオ観賞会へ。
自分たちがお客さんにどんな風に見てもらってたか。
自分がどんな演奏をしてるか。
まぁ、そんなことは考えないだろう(^-^;
わちゃわちゃしながら見てたら
「ピコ太郎もみたい」
そっか、みんな舞台袖に退場した後は待機してて見てないな。。。
そこも含めて、大耀の演奏も上の子たちがどんな演奏してたかみてもらいたい。
(いずれはそこに自分たちがいるってね)
案の定、ピコ太郎は大爆笑(≧▽≦)

初打ちの感想も聞いたけど出てきたのは
〝おいでん楽しかったぁ〟〝踊りはわからなかったけど踊ったぁ〟
おいでん話ばかり(^▽^;) そんなに楽しかったんだぁ


太陽組はやぐらの練習でした。
久々の揃い打ちで、基本の姿勢や打ち方をみました。
パッと見はできてますが、ホントに細かい部分。
特に3年生はクセになってしまう前に体に慣らせてほしい。
小学高学年になっても腕の高さや位置に注意されてないように。

5年生はカラボセや淵の打ち方の練習。
個々に体が前のめりになる子、
姿勢が高すぎる子、
バチを振りすぎる子、
それぞれを修正。

そしてこちらもビデオ鑑賞。
自分の演奏を見るのは照れくさいみたい。
でも振り返ってみつめることも大事かな。
人に言われてもなかなか直らないけど、自分で気づくと意識できる。
次はもっと良い演奏にするためにもっと練習しましょう。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あいづまっ鼓

Author:あいづまっ鼓
自動車の街、豊田市の
広久手町という小さな町の
和太鼓クラブです
30年近く活動してます

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
QRコード
QR