2月7日

今日は風が強くてと~っても寒い日でした。
なのに、みんな弾けてる!元気!
子どものパワーってどこからでてくるの?ってくらい、はじまりの挨拶もちょー元気!
小学2年トリオは「おねがいしま~すっ」と言いながらすでに太鼓へ到着。
ちょい、ちょい、ちょい、ちょい、、、(-Д-)
手を招いて呼び戻します。
「もっかい座って」
(ノ∀`)アチャーって顔をして正座して、仕切り直し(笑)

ドラえもんの演奏のあと、今日は打ち方をみました。
左右交互にゆっくり打ち、叩き方を個別にチェック。

園児の中には-上からバチをおろしてあててるだけ-そんな子も。
手首の使い方、お手本を見せ、動きの違いを話して、試してみます。
皮の近くでタンタンと叩くときはできてました(^^)

もう一つはバチを上にあげたときのカタチ
まっすぐに上を向かずに、後へバチが曲がってしまう。
声をかけると意識。

いつもよりじっくり打ち込んだので「疲れたぁ~」の声が飛び交ってました(^-^)


太陽組はやぐらの練習です。

3,4年生は基本的なカタチができあがり、揃い打ちの前打ちもほぼマスター。
個々には左手の打ちが肩が上がったり、足の曲げが立ってきたり、右手がしっかり伸びなかったり。

5、6年生も個々にチェック。
数人、面を打つときに左バチは真ん中にあたるのに、右バチは下の方。
左バチのハライやモドリには手を取りバチの動きと軌道を確認。

中学生は四番をマスター中。
リズムは9割覚えたので、動きをチェック。
とくにパッと右にひらく動作のバチの軌道や、一瞬止める位置。

最後に3,4年生にカラボセの練習。
少しずつうまくなってきましたが、、、
見ていたある子、バチの左と右の打つ位置が違うので正しい場所を教え練習。
するとクセでどうしても前の場所にバチがいってしまい、苦戦。
本人も分かってるけど直らないことに少しイラ立ち・・・
「おかあさんにも言われてるもん」(家でも練習してるんだぁ。努力に尊敬です。)
ゆっくりリズムで少しずつ進め、最後にはできるようになりました。
途中、折れそうになる言葉を口にしながらも、あきらめない強い一面(*^^*)
帰り際に声をかけ、頑張ったこととできたことを褒めました。

もうあと2ヶ月ほどで進級・進学です。
みんな、4月からの成長が大きく見られます。
毎週の少ない練習時間の積み重ねを感じるこの頃です。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あいづまっ鼓

Author:あいづまっ鼓
自動車の街、豊田市の
広久手町という小さな町の
和太鼓クラブです
30年近く活動してます

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
QRコード
QR