6月6日

いちご組は4人でした。
最初は1人だったのでリズムの確認から。
太鼓を叩いてチェックしよーかな、、、と顔をみると1人だし不安そう。
先週のように「ホワイトボードに書く?」と聞くとニコッとうなずく女の子。
書き始めると他の子も到着。
みんなでリズムを当てっこしたところで、太鼓へ。

今日は復習しながら、太陽組との合同演奏の練習です。

以前はいちご組→太陽組→全員の流れでした。
すると、叩く→待つ→叩く 
全員で演奏するとき、どこで立つのか・・・
覚えることが増えてしまいます。
なので、太陽組→いちご組→全員の流れにしてみました。

それから太陽組が叩いてるときの”待ち”
太鼓ずわりで待つのもなぁ・・・
ずっと同じ姿勢はムリだよなぁ・・・
保護者の方にも「2分は長いですよねぇ(笑)」と聞き、横から登場にしました。
太鼓の前で準備が整ったところを見計らい、「いち、にの、さん、はい」
あとはラストまで交代で演奏。
流れをつかむこと、今日の練習でできました!


太陽組にも村祭りの同じ流れを覚えてもらいます。
逆に太陽組はいちご組が演奏中に”待ち”があります。
座るタイミング、待っている姿勢、立つタイミング
一番悩んだのがラストのポーズ。
やぐらの両側に打ち手がいるので、背中をむけている子が正面を向くときの方法を考えます。
みんなとコレやアレやとやってみます(笑)
「こっちは回れるけど、こっちはムリ~」
「ジャンプしてみる?」
「じゃあ正面向いてる子もジャンプで前にでよっかw」
いろいろ試してみます٩( ''ω'' )و

逢は後半の練習に重点をおきました。
先週、なかなかジャンプが合わずラストがまとまらず。。。
それぞれのパートをよく確認してスタート☆
久々に組太鼓に入った高校生も感覚が戻らず、何度もやり直し。
中学生は職場体験でヘトヘトながらも繰り返し練習に付き合ってくれます。
小学生は体でタイミングもつかめてきてジャンプもいい感じになってきました。

毎年ある企業のイベントからも声がかかり、みんなも気合が入ります!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あいづまっ鼓

Author:あいづまっ鼓
自動車の街、豊田市の
広久手町という小さな町の
和太鼓クラブです
30年近く活動してます

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
QRコード
QR