6月13日

今日から村祭りはいちご組と太陽組と合同練習です。
お互いに全体の流れをつかむことが今日のポイント。

いちご組は太鼓につくタイミング。
太陽組は待つタイミングとラストで一緒に演奏するところ。
いちご組には鉦でも合図を入れます。

そしてラストのポーズは全員で。
いちご組の太鼓は3つ。
それぞれの場所で動きが変わります。
来週ここの動きをマスターしてもらいます。


太陽組は合同練習での反省。
太鼓を打つバチの当たる位置、顔の向き、ポーズのあとの動き・・・
どれもダラダラ。
注意してやるように言うとキチンとできます。
=気が抜けてるというこですね。

意識してないとできないを、意識してなくてもできるへ、
一曲5分の集中を本番に向けてつけていきます。


中学生は数日後に中間テストで1人以外お休み。
6年生も1人だったので逢の練習は2人でした。
後半のジャンプをマスターすることが今日の目標。
カウントの仕方に慣れず何度もやり直ししながら最後には習得。

揃い打ちは配置を決めて練習です。
自分のパートを演奏したあとの下がり方を覚えます。
太鼓の両側に打ち手がいるので、動きが違います。
それぞれの動きを覚え一緒に合わせます。
が、礼をするときに列がバラバラ。
揃うまで繰り返しました。
演奏じゃないところも”揃える”揃い打ちです!
みんなで気持ちをひとつにするために、全体をみることが大事だね。







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あいづまっ鼓

Author:あいづまっ鼓
自動車の街、豊田市の
広久手町という小さな町の
和太鼓クラブです
30年近く活動してます

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
QRコード
QR