6月27日

合同練習です。今日を入れて本番まであと2回。
まずは先週覚えたラストのポーズへの動きの確認。
3つの太鼓それぞれ、違う動きをするので1人ひとりとチェックして、そこだけ演奏。
1人ワンテンポ遅れてバンザイしてましたが、良しとしよう(笑)

上の子たちにも入ってもらい、頭から通します。

大事なポイント3つ
いちご組は
①太鼓につくタイミング
➁演奏最後の動きとポーズ
太陽組は
①4回目のあとは座る
➁最後の合同演奏の立つタイミング

いちご組は良い仕上がり♪
自分のやることを小さいながらもしっかりやろうという気持ちもみえます!
太陽組のほうがダラダラ雰囲気。
待っている時のポーズが斜めってたり、
キョロキョロ、ニヤニヤしてたり、、、

もう一回通し練習したとき、いちご組の太鼓につく速さがとてもスムーズ☆
演奏も集中していて上出来でした。

なので、「たまにはドラえもんやりたぁい」の声にお応えしました(^^)
ひっさびさでも覚えてますよぉ。


さて太陽組のお時間です。
さっきのダラダラをシャキッとさせます。
村祭りは目についたところを1人ひとりに指摘。
足の開きぐあい、バチを握ってる手の向き、カラボセの叩く場所、、、
それぞれにダラダラポイントが違います。

揃い打ちは自分の配置から???状態。イラっ
演奏を始めると第一声が〝シーン〟。イライラっ
次の演奏者がギリギリに後ろにつく。イライライラっ
やり直し、やり直し。
ただ、もう一度やるとなった時にすぐに太鼓へつかずダラダラ。何よりもイラっ‼
久々に大声をあげました(>_<)
そのあとの空気感は言うまでもなく(笑)
そーなると上級生が下級生に声をかけるようになります。
「早く太鼓につけよ」「そこ違うぞ」
しかも優しく(*^^*)
注意された子を知らないふりして見捨てないところもみんなの良いとこですね。
できれば爆発する前にしてほしいけど(笑)

そして逢へ。
後半のジャンプはミスなくできました。
前半がちょっとあやしい。。。
早川流に所属してる子は他の演目と混乱気味(^-^;あるあるですね~
そこは集中するしかありませんwww
あとは掛け声を全力で出してくださいね。


最後は〝おいでん〟の曲打ちを練習。
中学生以上は舞台で叩きます。

練習後は冷え冷えのスイカを頬張りました。
来週、しっかり練習しましょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あいづまっ鼓

Author:あいづまっ鼓
自動車の街、豊田市の
広久手町という小さな町の
和太鼓クラブです
30年近く活動してます

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
QRコード
QR